兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

インターンインターン生の声11期生吉田 結貴

吉田 結貴(よしだ ゆき)

関西学院大学 法学部3回生

『「若いうちは、しんどい方の道を選べよ。」の言葉にハッとした』


 たった2ヶ月間の栗山インターンで得られたもの・・・。
 考えるだけで、色んな想いがあふれてきてしまいます。

 栗山インターンは、私にとって、本当に人生インターンでした。

 インターン開始後の1、2週間、私達はダメダメでした。
 ただ、栗山さんにくっついて行くだけ。栗山さんの決めたように動くだけ。

 そんな状況の中、出会ったばかりの私達インターン生は、「これでいいのか?」と
 いう思いが、ひとりひとりにありました。

 ただ、どうすればいいのか、本当にわからなかった。人を動かすって、難しい。

 私はあの時は、自分1人が、自分だけで、自分の目標を達成できればそれでいいと思っていた。

 そんなとき、ある夏祭りの夜。
 1人の仲間の一言で、みんなが、動き出すことになりました。

 私は、今まで大事にしてきた価値観を覆された。
 その夜は、みんなが泣きました。

 みんなが、本当は言いたくないことを、でも、みんなに分かってもらいたくて、何故自分がここにいるのか、だからインターンでどうしたいのか、真剣に、真剣に話し合いました。
 辛かったです。

 その後数日は、みんなの考えがまとまらず、険悪な雰囲気が続きました。
 それでもまだ、みんな諦めたくなくて、何度もミーティングを重ねました。
 何度も、インターンが、解散しそうになりました。

 何でインターンなんかやってんねやろと、ミーティングや夜の反省会でつまづく度に、苦しさで嫌になりました。どうして上手く、自分の考えが伝わらないのか、どうして話をまとめられないのか。みんな、ほんとうにコミュニケーション能力がなかったのです。

 1人で、自分の目標のためだけなら、どんなに楽だろうと、何度も思いました。

 そんな時、栗山さんの一言を思い出しました。
 「若いうちは、しんどい方の道を選べよ。」

 はっとしました。
 ああ、今私達は苦しいのだと。1人でなら、どんなに楽だろう。

 みんなで目標に向かうことが、どれだけしんどいことか、その時気がつきました。
 あれが、私達の折り返し地点だったのかもしれません。

 それからは、あっという間に日々が過ぎていきました。
 みんなで、NPO助成金の課題に、泊り込みで取り組んだり(これも、何度も栗山さんにダメだしされてかなり辛かった経験です)。
 吉本インターン、越田インターンとの合同共同合宿。
 6インターン合同の勉強会では色んな政治家の方々とお話ができました。
 プレゼン能力を上げるために「プレゼン祭り」という企画も実行しました。

 そして、卒業式の卒業街頭演説で、私はどれだけ号泣したことか。

 私が栗山さんから教わったことは、自立して生きていくということ。
 今、私は、私なりに頑張っています。
 社会人としての、父である栗山さんに、恩返しをしたくて。

 成功や、成長する姿をみるのが、心から嬉しくてたまらない仲間に出会えたことも、初めてでした。みんなが、活躍する姿は、本当にまぶしくてたまらないです。嬉しすぎて、言葉に出せないです。

 最後に、インターン中にお世話になった方々、どうもありがとうございました。
 そしてスタッフの大川さん、私たちを出会わせてくださってありがとうございました。

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - インターン/インターン生の声/11期生/吉田 結貴

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.