兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

インターンインターン生の声17期生神代 瑞紀

神代 瑞紀

同志社大学 政策学部 2回生

『栗山インターン大好き!!!!』


 私が議員インターンシップに参加した理由は「夏休みがバイトと遊びで終わるのはちょっと嫌だし、何かしたいな」と思っていた時に、仲のいい友人が議員インターンシップをすると聞いて、「じゃあ私もしようかな」という何とも軽い理由でした。政治にほとんど興味はなく、政治に関する知識も皆無でした。ここだけの話、総理大臣の名前すら満足に書けないほどでした(笑)。議員さんに対するイメージも堅苦しく、どちらかというと悪いイメージを持っていました。しかし栗山さんだけは議員交流会で話した印象が堅苦しくなく、私が当初持っていた議員さんのイメージから遠かったのがずっと印象に残っていました。そしてこの人の元でならインターンしたいと思い、インターン参加を決めました。

 半分友人に流される形でインターン参加を決めた私は、最初、他の5人に比べてインターンに対するモチベーションは格段に低かったです。インターンを始める前に「栗山インターンはハードやで」と何人ものスタッフに言われていましたが、「多くても週4くらいでインターンして、あとはバイトと遊びで過ごそう」と考えていました。しかし、気がついたら私のスケジュール帳はインターンの予定でみるみる埋まり、週6〜7でインターンに行き、バイトも遊びもほとんどしなくなっていきました。
 「バイトするより、遊びに行くよりインターンがしたい!」
 いつしかそんな風に思うようになりました。今となってはメンバーの誰よりもインターンを愛していたと胸を張って言えます。

 栗山インターンでは新聞発表、政治講義、兵庫県観光、仮想選挙、委員会や議会の傍聴、合同合宿、朝の駅立ち、ポスティング、研究テーマ発表、生きがいプロジェクト、街頭演説など、本当にたくさんのことを経験させてもらいました。はじめに活動内容を聞いた時には正直「どれもめんどくさそう」と思っていたし、「こんなことやって自分のために何になるのかな」と考えていました。しかし実際に始まってみると、どの活動も新しい発見であふれていて、とても刺激的でした。私はここに挙げた様々な活動から政治や議員さんについて触れるだけでなく、自分に足りないものや自分の甘さを知ることができたり、普段の生活面で大切にしなければいけないことなど、たくさんのことを学ぶことができました。その中でも私が一番学んだことは『誰かのために行動する』ということです。

 インターンを始めるまでの私は、自分のためにということばかり考えて行動していたように思います。実際、活動内容を知らされた時も「自分のために何になるのかな」と考えていました。しかし、活動を通して、政治を知って、議員さんを知って、また栗山さんや他の5人のメンバーを見て、「みんな誰かのために行動している」と気づきました。特に栗山さんは県会議員としての多忙な毎日を過ごしながらも、いつも全力でインターン生と向き合ってくださり、私たちのためにたくさんの時間と労力を割いてくださっていました。
 県会議員として市や県、そして国のために行動し、インターンでは私たちのために行動してくださる栗山さんを見ていると、自分の考えはなんて浅はかで幼稚だったのだろうと気づかされました。今さらそんなことに気づいたのかというように思われるかもしれませんが、私は今さらながら身を持ってこのことに気づくことができて本当に良かったと思っています。そして「自分のために生きる人生をやめて、誰かのために自分の人生を役立てていきたい」と思うようになり、自分の将来の方針も少し定まったような気がします。栗山インターンが人生インターンだと言われる所以はこういうところだったのかなと、私は勝手に思っています。

 インターンの2ヵ月を一言で言うならば「全力で駆け抜けた2ヵ月」であったなと私は思います。この2ヵ月は本当に濃く、無駄な時間は一切ありませんでした。与えられた課題プラス、自分に何ができるのか何をしなければならないのかを考えて行動することを心がけ、他の5人のメンバーに置いて行かれないように無我夢中で駆け抜けました。
 私は自分で「成長した!」などと言うのはあまり好きではないのですが、インターンを終えて、久しぶりに大学の友人に会った時に「みずきなんか雰囲気変わった!大人っぽくなった!」と言ってもらえたので、私はこの2ヵ月で成長することができたのだと思います。ただ、この成長は私1人でできたものではありません。メンバーの気持ちの微妙な変化に気づけるいしえりがいなかったら、誰に対しても優しくていつもそっとメンバーの背中を押してくれるうちまきがいなかったら、誰よりもインターンに来た意味を考え努力し続けていたリーダーがいなかったら、何事にも妥協を許さず真面目に取り組むながともがいなかったら、メンバー全員のことを常に気にかけて引っ張ってくれる亮さんがいなかったら、そしてインターン生にいつも全力で向き合ってくれる栗山さんがいなかったら、私はたった2ヵ月で他人に気づかれるほど成長できなかっただろうし、こんなに充実した2ヵ月を送ることもできなかったと思います。

 ブログでちょくちょく語られているように、私はインターンバカなので、インターンが終ってしまって、寂しくて寂しくて仕方がないです。私はインターンがしんどくなったり、辞めたくなったことはもちろんありません。またインターン中、大変だったこともあったとは思いますが、それ以上に楽しかったので思い出すことができません。いつも思い浮かぶのは栗山さんやメンバーが真剣に仕事に取り組む姿と、みんなが楽しそうに笑っている顔です。私本当にバカですね(笑)。これからはこの素敵な思い出を胸に、インターンで学んだことを生かして、もっともっと大きな人間に成長できるよう努力していきます。

 議員インターンシップをしようか迷っている人、どの議員さんのところへインターンシップしようか悩んでる人、もしこれを読んでくれているのならば、私は栗山インターンを選んでほしいと思います。何かしたいのなら、自分を変えたいのなら、信頼できる仲間をつくりたいのなら、成長したいのなら栗山インターンを選んでください。私みたいに軽い気持ちで始めたヤツだって、こんなにどっぷりとハマってしまうのですから!栗山インターンほど素敵な場所はありません!!

 17期生のいしえり、うちまき、リーダー、ながとも、りょうさんとこのメンバーを引き合わせてくれたスタッフのこじこじ、秘書の方々、そして栗山さん。みなさんに出会うことができて本当に良かったです。2ヵ月間お世話になりました。この2ヵ月は私の誇りであり、大切な宝物です。ありがとうございました!栗山インターン大好き!!!!!

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - インターン/インターン生の声/17期生/神代 瑞紀

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.

更新履歴はありません。