兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

インターンインターン生の声21期生山池 真未

山池 真未(やまいけまみ)

神戸女学院大学 文学部 2回生

「『熱中』。まさにその通りでした」


はじめに

 朝起きて、授業を受けに行き、家へ帰る。たまにバイトをする。そんな平凡な毎日を過ごしていた大学生活2年目、私の中で焦りが芽生えました。このまま大学生活を終わらせてしまっていいのか。「このままではいけない」。そう思っていたとき、議員インターンシップの存在を知りました。
 ’中したい。⊆分を変えたい。
 この2つが、議員インターンシップに参加した志望動機です。
 栗山インターンを選んだ理由として、栗山インターンの紹介誌に、栗山さんが、インターン生は家族のような存在だと述べていたからです。こんな風に、親身になって考えてくれる人のもとで熱中したい。そんな想いから栗山インターンの門を叩きました。

インターン活動を通して

 この2か月間は、内容がてんこ盛りの本当に濃い日々でした。政治についてはもちろんですが、それ以上に、社会の仕組み、仕事への意識、自分自身のスキルアップなど、これから生きていくうえで必要なことをたくさん教わりました。手が空いているなんて日は一日もなく、だからこそ、時間の大切さを改めて考える機会にもなりました。多くの活動がある中、限られた時間の中で、全力で取り組むこと、さらに全力で取り組むためにはどのようにしていったらいいかという時間管理など、実践することによって学ぶことばかりでした。
 また、自分自身を見つめなおす期間にもなりました。仲間のことが見えてくるからこそ、自分とはどういった人間なのか。何がいけないのか。自問自答をする日々が続きました。時に指摘も受けました。今までは見ようともしなかった自身と向き合うことで、これからどうしていくべきなのかに気付くことができました。

おわりに

 私は、栗山インターンで過ごした2か月間を本当に誇りに思っています。21期のみんな、.jpスタッフのゆうみさん、いくつものアドバイスをくださった秘書さん、たくさんのOBOGの方、この2か月間で関わってきた多くの方々、そして、真正面からぶつかってくださった栗山さん、周りの人たちの支えがあったからこその2か月です。新しい出会い・経験・学び、たくさんのものを得た栗山インターンでの日々は、これから20代をスタートさせるうえでの原点となります。このような機会にめぐり合わせてくれた「縁」を大切にしていきたいです。
 最後になりましたが、この2か月間は「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。一生懸命な自分を取り戻すことができました。これから自分がどのように成長し続けるのか、楽しみでなりません。

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - インターン/インターン生の声/21期生/山池 真未

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.