兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

インターンインターン生の声22期生多鹿 春菜

多鹿 春菜(たじか はるな)

武庫川女子大学 文学部 1回生

『多くのものを得たインターン活動ですが、最も予想外に得たものがあります。それは、22期生という仲間でした』


インターンに参加した理由

 一回生の春休み、遊ぶだけで終わりたくはないし、今までとは違った環境に飛び込んでみたいと漠然と思っていました。同時に、政治の世界は悪いイメージを持たれがちですが、自分の目で見てからそのイメージを決めたいという思いを持っていました。そこでやってみようと思った議員インターンシップですが、活動頻度が高いところに行くべきか、低いところに行くべきかなどの理由で、どの議員さんを希望するかは悩みました。栗山インターンのページから伝わってきた本気さ、「人生インターン」という言葉に最初から惹かれてはいましたが、栗山インターンは多忙と聞いており、そんな環境でついていけるのかとも考えました。しかし最終的には、きっと一生に一度の議員インターンシップ、一生に一度の18歳の春休み、どうせやるなら本気で、思いっきり充実した時間を過ごしたいと思い、栗山インターンを選びました。

インターン活動

 活動初日、栗山インターンは、「人生で一番素敵な自己紹介をしてください」という課題から始まりました。わけのわからないまま不安を抱えて会場に向かいました。初日から順位づけが行われ、息を凝らすと同時に、22期生の個性の強さに驚いた日でした。その日から、このメンバーに負けたくないと思うようになりました。
 インターンが日常になりつつあった頃、「「可」は評価されない、結果を出す一日にしなさい」、と栗山さんがおっしゃったことを覚えています。朝のミーティング一つをとっても、ダラダラとするのではなく本気で決める、自分の役割を100%こなすことを覚えました。
 そんな中迫ってくる最初の課題は仮想選挙でした。なんとか作り上げたものの、発表する前から、自分が満足いくものを作れていないことは分かっていました。そんなものを発表してしまった自分が悔しくて仕方なかったです。次に迎えた研究発表では、チームプレーの難しさを痛感しました。自分がチームにどう貢献していけば良いのか、どんな立ち位置でいることがチームのためになるのかに悩みました。
 思えば私は、今まで頑張る過程が大切だと言って、結果を出すことから逃げていたのかもしれません。効率の良い努力の仕方やどうすれば結果を出せるのか、相手に伝わるのかを意識するようになりました。
 多くのものを得たインターン活動ですが、最も予想外に得たものがあります。それは、22期生という仲間です。こんなにも大切な存在になるとは、2ヶ月前思ってもいませんでした。長い時間を共有した22期生は常に負けたくない存在であり、尊敬出来る存在でした。今まで積んできた多様な経験から、それぞれが輝くものを持っていました。行動力、知識の豊富さ、周囲への気遣い、日々見習いたいと思うことばかりでした。それだけでなく、他のメンバーの長所を認められる力を持っていました。お互いが良いところを盗もうとし、お互いの欠点は指摘し合い、高め合える存在でした。22期生の仲間と自分を比較することで、自分に足りないものに気づき、自分を見つめ直しました。自分の今まで気づかなかった能力や強みにも気づき、以前より自信がつきました。

終わりに

 1月のあの日、栗山インターンを選んだことは最良の選択だったと、心から言えます。想像していた以上に、目まぐるしい日々でした。しかし、何事にも全力で取り組める環境があり、想像を遥かに超える充実した時間を過ごすことが出来ました。渦中にいる頃は分かりませんでしたが、インターンが終わってしばらく経った今、この2ヶ月間で上記に書ききれない程多くの「気づき」を得たことを実感しています。
 栗山インターンでどう過ごすか、それは自分次第です。私自身、もっとこの2ヶ月間もっと学べる余地はあったと思います。栗山インターンは、貪欲に行動すればいくらでもそれに応えてくれる場所です。自分が努力すれば、評価が得られる場所です。栗山インターンを選ぶか選ばないか迷っている方がいれば、自信を持って栗山インターンをお勧めします。妥協しない意志があれば、自らを伸ばすきっかけは端々に転がっています。そして、間違いなく、支えてくれる周りの人がいます。
 こんなにも充実した2ヶ月間を過ごせたのは、周りの方々のおかげです。栗山さんはじめ、まおこさん、OBOGの方々、秘書のみなさん、22期生、インターンを通じて出会った全ての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 インターンには区切りが付きましたが、この繋がりはまだまだ続いていくと思っています。私がしていただいたことを、今度は周りの人や後輩に返していきたいと思います。
 本当に、本当に、ありがとうございました。栗山インターンで学び取ったことを糧とし、これから大きく飛躍していきます。

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - インターン/インターン生の声/22期生/多鹿 春菜

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.