兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

インターンインターン生の声26期生藤岡 直輝

藤岡 直輝(ふじおか なおき)

関西学院大学 経済学部 1回生

『自分の大学生活が、このインターンを境に大きく変わろうとしていることを、いま感じています』


インターンに参加した理由

 「政治に興味があったから」という理由ももちろんありましたが、何より大きかったのは「とにかく何かしなくてはいけない」という思いからでした。高校生が終わり、早くも一年が経とうとする中で、「自分から何かしなくては、何も起こらない」という思いが強く出てきました。そんあ中で、この議員インターンのビラを学内で貰い「説明会だけでも」と思って参加したことが始まりでした。
 数多くの受け入れ先の中で、家から片道1時間30分の栗山事務所を選んだ理由は、充実したインターンプログラムと、栗山さんの親しみやすそうな雰囲気でした。

インターン活動

 インターンの受け入れ先は数多くありますが、栗山事務所の特徴は、26期続く伝統と部活動のような雰囲気であると思います。これまでに栗山インターンに参加した学生は数多く、僕たちのインターン活動期間の間にも多くのOB・OGの方々が事務所を訪れておられました。部活動のような雰囲気というのは、文句なしの活動日数や、学生のために用意された様々なプログラムによるところが大きいと思います。
 今回の26期では唯一の男子でした。他の2人と初対面の時は、男子が1人であるということに多少不安を感じました。しかし、インターン活動が数日経ってみると、そのような不安を感じた事を忘れていました。
 議員という職については、議会で討論するイメージしか持ち合わせていなかったので、議員の日常に密着させて頂くことができて、とても新鮮な日々でした。
 インターン活動において最も大きな苦難は「研究テーマ発表」でした。複数人で1つのものを作り上げる大変さは、本当に言葉にし難いものです。ですが、3人とも懸命に取り組みました。大勢の前で発表を終えた時の達成感は忘れられません。

さいごに

 この2ヵ月の間、数多くの人と出会い、数多くの場所に行き、数多くの経験をさせて頂きました。2ヵ月前に踏み出した一歩が、予想以上に大股であったのか、実は二歩三歩と知らぬ間に進んだのか、自分の大学生活がこのインターンを境に大きく変わろうとしていることをいま感じています。
 栗山インターン26期は、多くの人に支えられていました。面倒を見ていただいたみなさん、本当にありがとうございました。

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - インターン/インターン生の声/26期生/藤岡 直輝

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.