兵庫県議会議員 くりやま雅史
ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

議会活動一般質問(兵庫県議会)2013年3月6日 予算特別委員会 質問内容

2013年3月6日 平成25年度 予算特別委員会 企画県民部


1 芸術文化センターの運営について

(1)設備・備品等の更新について

【口述内容】
 兵庫県が誇るべき施設となっています兵庫県立芸術文化センター(ここから芸文センターと言います)に一番近いところに住んでいる県会議員として、(質問をしないわけにいかないと思い)質問をさせていただきたいと思います。
 平成17年10月に芸文センターがオープンして以来、7年半が経過しようとしております。この期間と言うのは、まさに私自身も含めて、地元西宮北口周辺の商店街・商業施設や住民の皆さんとともに、芸文センターを核とした「音楽のまちづくり」を進めてきた歳月でありました。これまで様々な苦労や努力を重ねて参りましたが、芸術監督プロデュースオペラやコンサート、管弦楽団定期演奏会をはじめ、バレエ、ミュージカル、演劇、ダンスなど、今では年間約300本もの主催公演を展開されており、阪神間のみならず近畿各地から、また全国からも多くのお客様を呼び込める、全国屈指の文化拠点となっており、地元の我々としても、芸文センターは我が街の誇りであります。
 そのような芸文センターですが、聞くところによると施設内の設備等の老朽化が進みつつあるようです。公演が多く、設備等の利用頻度が高いこともあろうかと思います。最近では舞台天井部にあるバトンを操作する操作卓や監視カメラなどに不具合が出たことがあったようで、今後もコンピューター関係、音響、照明、そして劇場の扉などについても老朽化が心配されています。
 県を挙げて行革の取組を進める中、施設維持にかかる予算を大きく確保することは困難だとは思いますが、既にオープンから7年半を経過し、施設内の設備や備品等の中規模な入れ替えが近いうちに必要となってくるだろうと思います。
 そこで、芸文センター内における主な設備・備品等の老朽化の現状についてお伺いするとともに、今後、その更新をどのように行っていくこととしているのか、お聞かせください。
【答弁:林芸術文化課長】
 芸術文化センターは、おかげさまで県民の皆さんから親しまれまして、昨年の9月には公立ホールとしては異例の早さで、平成17年の開館以来の公演入場者数が350万人を突破いたしました。また、各ホールの利用率も、昨年度で、大ホール98.7%、中ホール91.2%、小ホール99.7%と極めて高くなっております。
 このように多くの来館者をお迎えし、また、高い稼働率のため、開館して8年目ではございますが、一部の設備等が消耗によりまして不具合が生じるようになってきております。具体的には、委員からもご指摘のありました大ホールの舞台操作卓、また監視カメラのほかに、直ちに公演等には影響はでておりませんが、ホールの音響や照明のシステム、また空調設備にも劣化症状がみられるという状況でございます。
 このため、県といたしましては、来年度、芸術文化センターの設備・備品につきまして改修計画を作成するその前段階として予備点検を行うこととしております。その結果を踏まえ、さらに、専門家や業者の意見も聞きながら、より効率的な施行方法、施行時期等について検討をしてまいります。
 今後とも、厳しい財政状況の中ではございますが、県民の芸術文化の創造と普及の拠点であります芸術文化センターの機能を適切に維持していけるよう取り組んでまいりたいと考えております。

(2) 車いす利用者への対応について

【口述内容】
 現在、芸文センターの車いすスペースは、大ホールで12席、中ホールで6席、小ホールで8席が設置されています。それ自体は良いのですが、西宮市在住の車いす利用者の方から私のもとへ寄せられたご意見によりますと、中ホールについてはその車いすスペースがホールの最後尾に設けられており、前方の席へは自力で行けない構造になっているそうであります。そのため、その車いす利用者の方は、芸文センター及び県に対して、ホールの前方にも車いすスペースを設けるとともに、エレベーターの設置を要望されたそうであり、このようなご意見を受けて、芸術文化課と芸文センターでは、これまで対応を検討されてきたと聞いております。
 せっかくの素晴らしい施設でありますから、是非ともセンター内全体のバリアフリーを実現し、すべての方々にこの芸文センターを十分にご利用いただけるよう、県として積極的に取り組んで頂きたいと思います。
 そこで、車いす向けエレベーター設置等へ向けたこれまでの検討状況と、今後の予定について、お伺いします。

【答弁:横山県民文化局長】
 芸術文化センターの中ホールでは、現在、車いす利用者の安全な導線を考慮しまして、ホールの最後尾に車いす席を設けております。委員ご指摘のように、車いす利用者の方から、もっと前方の席で鑑賞をしたいとのご要望も出されたことを受けまして、その実現方策について検討を進めまいりました。
 具体的には、ホワイエから客席前方へ向かうホール外側の階段に、車いす用の階段昇降機が設置できないか検討を進めてきましたが、昇降機の設置によりまして階段、通路が狭くなりまして、特に緊急時の避難誘導の支障となる恐れがあること、また、通路の途中にあるドアの開閉のための対策も必要であること、そして、昇降機は利用者が単独で操作できないため、人員を配置する必要があること、などの課題が分かりました。
 このため、県としましては、平成25年度予算への計上については見送るものの、来年度から行う、先ほど林課長がご説明申し上げました芸術文化センターの設備の予備点検におきまして、実現可能な方法がないかさらに検討を継続させていただくこととしております。今後とも、車いす利用者の方の意見も聞きながら、すべての利用者に快適かつ安全に利用していただけるホールを目指しまして、検討を継続したいと考えております。

【意見】
 障害当事者の方がたのご意見を聞きながら設計や機種選定を進めてください。

2 (公財)兵庫県芸術文化協会の収入確保策等の強化について

【口述内容】
 先ほどお尋ねした芸文センターの指定管理者である(公財)兵庫県芸術文化協会は、芸文センターのほか、ピッコロシアターや県立美術館王子分館、県民会館などの運営業務を担っておられます。先日当局より示された、第2次行革プランに係る平成25年度実施計画によれば、公益財団法人化のメリットを生かしながら、スポンサー事業の拡充、企業協賛金、個人寄附の獲得を進めるなど、同協会の収入確保対策等を強化するとされています。
 この点、芸文センターにおいては、大中小の各ホールのネーミングライツで年間5,250万円の収入があります。また、芸文センターの賛助会員として年会費が300万円のゴールド会員が1社、100万円のシルバー会員として1社、その他1口5万円の会員が19社42口あると聞いております。
 その一方で、平成25年度当初予算案で見ると、芸文センターの運営費と交響楽団運営費として約15億2千万円が計上されています。これまでの予算特別委員会や決算特別委員会でも、度々この運営費について取り上げられていますが、私は「芸術・文化振興には一定の費用がかかる」ということについて、一定の理解をしている方だと思います。ただ、兵庫県芸術文化協会が積極的な収入確保対策を進めることにより、結果的に県の財政負担の軽減につながるのであれば、非常にありがたいことだと思います。
 そこで、芸術文化センターにおける賛助会員の更なる確保に努めることに加え、(公財)兵庫県芸術文化協会が管理する他の芸術文化施設においても、企業・団体等からの協賛金の確保など、いわゆる企業メセナの積極的な活用を通じて、同協会の収入確保が図られるよう、県として取り組んでいくべきだと考えますが、当局のご所見をお伺いします。

【答弁:山内政策部長】
 県の厳しい財政状況も踏まえ、芸術文化センターやピッコロシアター等の指定管理者であります兵庫県芸術文化協会では、その運営に当たって積極的に独自の収入確保対策を進めております。
 具体的には、芸術文化センターでは、委員ご指摘のネーミングライツや賛助会員制度の運営以外にも、公演実施に当たりまして国等の補助金の積極的活用、また、企業の名を冠したコンサート等の開催による企業協賛金の獲得など独自の収入確保に取り組んでおります。
 また、ピッコロシアターでも、国庫補助金や企業協賛金を活用した同様の取組のほか、個人や法人を対象としたピッコロサポートクラブを運営し、平成24年度は約300万円を確保いたしました。
 さらに、兵庫県芸術文化協会では、平成23年度の公益財団法人化に伴い、寄附に対する税制上の優遇措置が受けられるようになりました。このメリットを活かし、理事長を先頭に、県も協力して、企業への働きかけを行っております。併せて、ホームページや公演会場等でも募金を積極的に呼びかけたりも行っております。平成24年度は、受け入れました寄附金を活用して、県とのマッチングファンド方式により実施しております「がんばろう東日本アート支援助成事業」により東日本大震災の被災地に16の芸術団体を派遣したところでございます。
 企業メセナの積極的活用の面からは厳しい経済環境ではございますが、文化事業に対する寄附の意義を積極的に発信し、今後とも、芸術文化協会とともに、企業協賛金や賛助会員のさらなる確保などに積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

3 県広報分野におけるはばタンの積極的活用について

【口述内容】
 我が県が誇るマスコット「はばタン」について、私はもっと人気者になって欲しい!もっと活用するべきだ!というスタンスで質問をさせていただきたいと思います。
 私は、平成15年にはばタンが誕生して、初めて西宮のイベントで出会った時から結構ファンでした。しかしその後、あまりお目にかかることがなく、時々各地のイベントに出現したという姿を紙面などで発見して、「あっ、はばタン。頑張っているなあ」とうれしく思っていましたが、時々、市民・県民から「はばタングッズってもらえないの?どこで売っているの?」と聞かれ、答えに窮することがありました。「そうなんですよ!私も欲しいんですよ!」としか答えられず、県議会議員になってもなかなかグッズが増えない今日この頃であるわけです。
 さて、そうこうしているうちに、ここ10年ぐらいの間に、各地でご当地の「ゆるキャラ」がたくさん誕生しました。近年の「ゆるキャラ」ブームの火付け役として最初に有名になったのは彦根城の「ひこにゃん」ではないでしょうか。
 「ひこにゃん」は2006年に「国宝・彦根城築城400年祭」のキャンペーンやグッズ等で登場しました。テレビや新聞の露出が増えて一気に人気が爆発しました。同時にブログを活用して「ひこにゃん」遠征の模様や、彦根城での出演日程などを発信することでご当地への来場も増えました。また商標の無償使用を認めることで伝統工芸品までを含み、グッズ販売が広くなされてきました。経済波及効果は約338億円と言われており、現在でも全国的に人気を博しています。
 そして、最近特に勢いがあるのが熊本県のキャラクター「くまモン」であります。「くまモン」が生まれた背景は2011年の九州新幹線の開通でした。それに合わせて、熊本県への観光誘致を目指すために2008年から動き出した「KANSAI戦略」がその始まりでした。コミカルかつ軽快な動きでPR活動をすることもあれば、大阪を中心とする観光地を中心に神出鬼没の行動を行うこともあり、またブログ・Twitter・Facebookなどのネットやラジオなどのメディアを活用したPRが功を奏し、全国的な人気者となっています。「くまモン」は「ゆるキャラグランプリ2011」でも1位を獲得し、グッズ売り上げは昨年で293億円以上と報道されています。こちらもキャラクターの使用を無料で許可しています。
 一方、はばタンはこの「ゆるキャラグランプリ2012」で865体中208位でありました。グッズ販売も細々とやっているような状況です。「キャラクターは設定が命」と、ゆるキャラ事情に詳しい専門家は言います。マスコットキャラクターを売り出すこと自体が県の事業となるのは本末転倒ですが、例えば「はばタンが常時いる拠点を設ける」など、より積極的にはばタンを活用した効果的な広報、PRを進めることにより、兵庫県のイメージアップが期待できますし、ひいては本県を訪れる観光客の増加にもつながるのではないかと考えております。
 そこで、今後、本県の広報・PRに取り組む中で、はばタンの積極的活用についてどう取り組んでいかれるのか、あわせて、はばタングッズがより広がっていくような取組を進め、はばタンの、または本県の知名度向上につなげていくべきと考えますが、当局のご所見をお伺いします。

【答弁:高永広報課長】
 いつもはばタンを応援いただきましてありがとうございます。
 県のマスコット「はばタン」は現在、広報の顔としまして、広報紙やテレビ番組に登場しまして県民に親しまれる広報活動に貢献しますとともに、各部局が作成する様々なポスターやパンフレット、キャンペーン等に幅広く起用されまして、県施策のPRに活躍しているところでございます。
 また、はばタン自身の知名度アップや集客等のため、県内の様々なイベントに出演しますとともに、県民の方にも活用いただきますように市町や学校、自治会等のイベント向けに着ぐるみを貸出しておりまして、年間500件程度の実績を維持しているところでございます。
 一方、県外向けにつきましては、「観光プロモーション」や「ゆるキャラまつり」等への出演に加えまして、今年度は、大阪での「くまモンファン感謝デー」でくまモンと共演をしましたり、東京での「マスコットキャラクターギネス世界記録イベント」等にも出演するなど露出のアップに努めているところでございます。また、昨年3月に開設しましたフェイスブック「はばタンなび」では、はばタンの日常生活や兵庫の魅力を、工夫をこらした画像を添えて全国に発信しております。
 今後、一層「はばタン」を活用した広報活動を推進するため、従来の取り組みに加えまして、.ャンペーン等でのはばタン名刺やはばタングッズの配布、県のイベント等で使用しますはばタン法被の制作職員の名刺やFAX用紙への掲載、じ内外のイベントへの出演の拡充(今週末の3/10のヴィッセル神戸開幕戦にも出場を予定しております。)そして、他のゆるキャラとのコラボなどに取組みたいと考えております。
 また、「はばタングッズ」の活性化につきましては、仝の広報活動での活用に加えまして、県施設での販売場所の拡充や、4覿箸離哀奪裟什遏θ稜笋鯊タ覆靴泙垢靴みづくりについて取り組んでいきたいと考えております。
 これらによりまして、のじぎく国体・のじぎく大会時の活躍から比べたらやや目立たない印象のある「はばタン」の再起動と、「はばタン」を活用した県政情報や魅力の発信を推進していきたいと考えておりますので、今後ともご支援をよろしくお願いします。

4 自転車の交通安全対策について

(1)県下における自転車運転免許証等制度の取組の現状について

【口述内容】
 ご承知のように、ここ数年、車との接触事故や自転車同士の事故、自転車対歩行者の事故など、毎年8千件前後もの自転車に関する事故が発生しています。
 私は今回の予算特別委員会で、自転車安全運転の啓蒙や、交通事故の取り締まり、自転車専用道の整備など、自転車に関係する部局の「企画県民部」、「公安委員会」、「県土整備部」を担当することになっていますので、各部局の審査を通じて、この自転車問題について横断的に取り組んで参りたいと考えています。
 さて、企画県民部 交通安全室としては「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」等に基づいて交通安全対策を講じておられ、来年度、交通安全対策推進費として約1,700万円を計上されておられます。
 予算の額の多寡というよりも、自転車交通安全意識の啓発と教育を実質的に行っている市町への支援、協働の働きかけなどがあるかと思いますが、近年、県下のいくつかの市町では、増加する自転車関連事故の現状を踏まえ、子供や高齢者等を対象に、参加・体験・実践型の自転車教室を開催し、その受講者に自転車免許証を交付する「自転車運転免許証等制度」に取り組んでおられるようです。
 そこでまず、これまでの県下各市町における取組内容や実績について、お尋ねします。

【答弁:三宅交通安全室長】
 自転車運転免許証等制度は、平成16年度から順次、推進市町に指定し、これまで26市町に対して、警察、市町、学校等と協働して、講話、テスト、実車のカリキュラムでの参加・体験・実践型の自転車教室を開催しております。
 交通安全意識を高めるため、受講後、子どもには、「自転車運転免許証」を、 高齢者には、「自転車教習終了証」をあわせて7,023人の県民に対して交付しております。
 平成24年度においては、三木市、小野市、加東市の3市を指定し、小学生521名、高齢者114名の受講者に計10回の自転車教室を開催しております。
 更に、制度導入当初に指定した尼崎市、加古川市においては指定後も同種の事業が継続的に実施されるなど、平成24年度は県下の各市町で74回5,501名の啓発を実施しております。

(2)自転車運転免許証等制度の更なる普及促進について

【口述内容】
 本県においては、尊い人命を交通事故から守るため、ひょうご交通安全憲章の理念に基づき、県民の参画と協働のもとに交通事故のない「元気で安全・安心な兵庫づくり」を目的として、「ストップ・ザ・交通事故」県民運動に取り組んでいます。
 そこで、この「自転車運転免許証等制度」についても、この県民運動の推進に取り組む中で、より一層の県下への普及促進、とりわけ自転車に関する事故が多い都市部、特に事故の多い阪神間での普及をもっと図るべきと考えますが、当局のご所見をお伺いします。

【答弁:三宅交通安全室長】
 今後、自転車運転免許証等制度については、過去に指定していない市町のうち自転車関係事故が多い市町を順次指定し、県内の一巡を目指し、来年度は、加西市、篠山市、市川町の3市町を指定し、引き続き自転車の交通安全対策を推進します。
 また、阪神地域のうち、尼崎市、宝塚市、伊丹市、西宮市、川西市、芦屋市の6市は、これまでに指定し、普及啓発に取り組んできたところであり、今後は、三田市、猪名川町の指定を目指してまいります。
 その他にも、来年度、県内の過去3年間における交通事故が多い5市、阪神地域では、尼崎市、伊丹市を自転車交通安全対策重点推進地域に指定し、指定された自治体、警察、PTA、安全協会、関係機関・団体と連携して、自転車教室の開催や街頭キャンペーン等の啓発活動を実施します。
 自転車運転免許証等制度は、自転車事故防止のため意識啓発に効果が見込めることから、子どもと高齢者を中心に積極果敢に取り組んでまいります。

兵庫県議会議員 くりやま雅史 - 議会活動/一般質問(兵庫県議会)/2013年3月6日 予算特別委員会 質問内容

| ホーム | プロフィール | 議会活動 | 政策理念 | 活動レポート | インターンシップ | ご意見 |

事務所:〒663-8105 西宮市中島町11-20
TEL : 0798-69-0051 FAX : 0798-65-7670 E-mail : kuri@kurix.jp
当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。
Copyright(C) Masashi Kuriyama All Rights Reserved.